HOME |日本語 |English

Introduction


教育方針

研究について
歴史
配属情報
研究室FAQ
研究室設備
アクセス

研究室設備


 

ワークステーション(3台)

HPC-ProFS (2台)
 CPU:Xeon E5620(4コア 2.4GHz L3=12MB) x 1
 MEM:6GB(DDR3 RDIMM)
 HDD:500GBx2(RAID1),1TBx6(RAID6)
 OS:Windows XP
Mac Pro (1台)
 CPU:E5462 2.80GHz
 MEM:2.00GB RAM
 OS:Mac OS
   Windows Vista
 


3Dディスプレイ

SyncMaster2233
nVIDIA製3DVisionアクティブシャッターグラス
Sensable製3次元入力デバイスPHANTOM



カメラシステム

多視点撮影システム
角度:-50度~50度(10度間隔)
Webカメラ:11台

設計図


カメラ:ELECOM UCAM-DLR130

Webカメラ本体の仕様
 画素数:130万画素
 受像素子:1/3インチCMOSセンサ
 最大解像度:1280×1024ピクセル
 最大フレームレート:30fps(~640X480ピクセル時)
           10fps(1280X1024ピクセル時)
 色数:約1677万色(24bit)
 最大消費電力:待機時:0.4W、動作時:0.6W
 インターフェイス:USB2.0(タイプAオス)
 本体サイズ:幅73.0×奥行39.0×高さ32.8mm(台座含む)

多視点同期撮影システムSMAHCS
角度:±90°の範囲を5°間隔で可変
Webカメラ:3台
カメラ-被験者間距離:70cm
証明:2灯
背景色:黒色

撮影システム


カメラ:EX-F1S(CASIO)

カメラ本体の仕様
 有効画素数:600万画素  撮像素子:1/1.8型高速CMOS
 動作スピード:最大60枚/秒
 撮影機能:パスト連写

暗室と多視点同期撮影システムSMAHCS2
角度:±90°の範囲を15°間隔で可変
Webカメラ:6台(front, bottom, left15, left30, right15, right30)
カメラ被験者距離:1m
照明:6台、3種類(cool, natural, warm)
背景色:黒色
各カメラで同時に設営するために
複数台のカメラを同時制御するソフトウェアであるMultisyncと
撮影システムとしてDualCapを導入している

暗室概要

撮影システムの外観

撮影例

カメラ
解像度:1624*1224
 フレームレート:30FPS
 センサー名:Sony ICX274 CCD
 読み出し方法:Global shutter
 レンズマウント:C-mount

カメラ

照明:Panasonic社のパルックボールプレミア
①. Cool (EFD25ED20H)
②. Natural (EFD25EN20H)
③. Warm (EFD25EL20H)

3次元L字型2面VRシステム(クリエーションコア1階 展示ルーム)
本システムは2つの3Dプロジェクタを投影し、立体3D映像を表示するためのVRシステムです。

 

Link | FAQ | Contact us

Copyrightc2004-2012 知的画像処理研究室, All rights reserved.