HOME |日本語 |English

Introduction


教育方針

研究について
歴史
配属情報
研究室FAQ
研究室設備
アクセス

教育方針


1.目標

本研究室では,「将来厳しい競争社会にも勝ち残れる基礎学力を身につける」をモットーに以下の目標を設定して教育を行っています.

● 学部生
(1) 与えられた課題について,先生や先輩の指導を受けながら,独力で新しい知識を習得でき,問題を解決できる能力
(2) 必要な専門知識(画像処理,数学など)を身につけるとともに,画像処理検定2級試験に合格する
(3) 数千行のプログラムを自由に書ける能力
(4) 専門の英語文献を読みこなせる力,論文の概要を英語で書ける能力
(5) 人にわかりやすく,印象に残るプレゼンテーション能力
● 大学院生
(1) 独力で問題を発見し,文献などを調査しながら解決していく能力
(2) 学会で発表し,他の研究機関の研究者と対等に議論できる学力
(3) 英語で発表したり,論文を書いたりする力

2.研究を遂行するためのアドバイス

以上の目標を達成するためには,以下の点に常に心がけてほしい.
(1) 教員や先輩に教えてもらうより,自主的に積極的に自分で勉強していくこと
(2) 研究の目的,背景,従来法,自分の方法の新規性などを常に意識しながら,研究をすること
(3) 普段のゼミなどに積極的に参加すること.発表するときは,他人にもわかるように十分な準備をすること. 他人が発表するときは,積極的に質問をすること
(4) 学術誌やインターネットなどで関連の論文や発表などを常に調べておく習慣を身に付けること
(5) プログラムを組むときは,他人にもわかるように,コメントを必ずつけること.
エラーが出るときは,計算途中の結果を出力し,一つ一つ丁寧にチェックしていくこと
(6) 英語文献を読むとき,翻訳ソフトを使わないこと.わからない単語があれば,一つ一つ辞書で調べておくこと

また,研究室での研究生活において,以下の社会常識も是非守りましょう.
(1) ルールを守る
(2) あいさつをする
(3) 行事には参加する
(4) 協調性をもつ

世界のトップレベル(Top of the world)を目指し, 皆で力を合わせて頑張りましょう.

 

Link | FAQ | Contact us

Copyrightc2004-2012 知的画像処理研究室, All rights reserved.