HOME |日本語 |English

Research


医用画像処理と解析

画像アノテーション
と検索

顔画像解析とBeatification
超解像技術
その他の応用

肝臓手術支援システムの開発

 肝臓は個人間においてその形状や大きさのバリエーションが非常に大きいだけでなく, 脈管分布が非常に複雑である. また個人や健康状態においても広い特徴がある. そのためより安全で確実な治療や手術を施設するためには肝臓内の情報を考慮する必要がある.
 本研究は患者の肝臓とその各血管の可視化し手術を再現することで, 肝臓手術支援システム開発を目的とする. 本研究で提案する手術支援システムは,肝臓の分割,血管の抽出,三次元可視化と手術シミュレーションと大きく3つに区分される. 図1には,分割された肝臓と抽出された血管とそれらを融合し,可視化した結果を示す. 本システムでは特定の患者個人の肝臓情報に基づいた三次元可視化及び手術を再現する仮想空間構築, インタラクティブな操作性とリアリティの高い患者情報の表現力のある肝臓手術シミュレーションシステムを開発する. 図2には,そのシステム環境を示す.


図1 肝臓と各血管の抽出(左),三次元可視化結果(右)


図 2 システム環境



関連研究発表:
1. 健山, 進藤, Foruzan, 小原, 木西, 林, 増田, 海堀, 権, 陳: “肝臓分割と血管抽出による肝臓情報の三次元可視化と手術支援システム,” 信学技報,Vol.110, No.387, pp.33-38 (2011-1).
2. 進藤典, 増田優, 木西基, 小原伸哉, Amir H Foruzan, 津田匠, 海堀昌樹, 健山智子, 權雅憲, 陳延偉: “肝臓分割と血管抽出による肝臓情報の三次元可視化と手術支援システ(第2報)-手術シミュレーション-,” 信学技報,Vol.111, No. 47, pp.??-?? (2011-5).

 

Link | FAQ | Contact us

Copyrightc2004-2018 知的画像処理研究室, All rights reserved.